ここは同人ゲームサークル、『StudioBloodyBloom』のホームページです。
初めての方はContentsのAboutをご覧ください。
文字サイズは中を推奨します。
ブラウザはInternet ExplorerかGoogle Chromeをお使いください。



2014年10月の日記

新作のシステム紹介

 お久しぶりです。
 企画、シナリオ担当の現夜です。

 製作中の新作なのですが、システム部分は大分出来てきました。
 実際のゲーム部分は、分岐&エンディングがこれまた多く、結構苦戦しています^^;

 今日は大分完成してきたシステム部分から、前作「追懐のリバイバル(以下追リバ)」から踏襲されるシステム、なくなったシステム、新しいシステムなどを気まぐれで紹介したいと思います。

――追リバから踏襲されるシステム――
 ■敵からの逃走&回避ポイント
  イベントによる強制出現、時間によるランダム出現など種類はいくつかありますが、敵キャラクターに追いかけられます。
 ■ダッシュ&スタミナ
 ■パニック(追リバではパニックゲージと呼ばれていました)
 ■マルチエンディング
 ■イベントスキップ
 ■相談システム
 ■メモ(追リバではデータライブラリと呼ばれていました)
  新作でメモ(データライブラリ)は(Profile、Keyword、Tutorialという三つのカテゴリーに細分化されます)
 ■聖水&猫目石
  まだ秘密ですが、新作ではもう一つ撃退アイテムが追加されます
 ■エンディングリスト&CGモード

――追リバから削除されるシステム――
 ■パートナー&スキルシステム
  これは前作で大変好評だったのですが、残念ながら今作にはありません。
  ですが、スキルシステムについては後述の"ガジェットシステム"が代替システムとなります。
 ■好感度
  パートナーシステム同様、好評を頂きましたがありません;
 ■空腹度

――今作から追加されるシステム――
 ■ガジェット
  詳細はまだ秘密ですが、スキルシステムの代替案となります。
 ■ショップ&電子クレジット
  追リバでも序盤、コンビニで買い物ができましたが、今作ではゲーム全般を通して買い物ができます。
  お金は"クレジット"と呼ばれるゲーム内電子マネーを使います。
  まだ秘密ですが、"クレジット"は意外な方法で入手します。
 ■電話
  追リバでもありましたが、今作では電話番号を入手した人物を選んで電話をかけることができます。
  また、探索中に逆に着信が来ることもあります。
  着信に出るか出ないか、それによってゲームが分岐する……かも……。
 ■メッセージスキップ
  今作ではイベントスキップの他に、メッセージスキップが追加されます。
  メッセージスキップは指定のボタンを押しっぱなしにすると、表示文章を高速送りできるというものです。
  イベントスキップは特定のイベントでしか行えませんが、メッセージスキップは全ゲーム内テキストで行えます。

 他にもかなりたくさんの変更点があります。
 特に敵からの逃走に関しては、追リバとかなり毛色の違う物になるのですが、書くと長くなるので、実際にゲームで確認して頂ければと思います。

 パートナーシステム&好感度システムは泣く泣く実装を断念しました。
 これを断念した大きな理由は追リバと今作とのシナリオの違いです。
 前作では主人公と行動を共にする仲間達が気心の知れた者達&年齢が近い、ということで、恋愛要素が成り立っていましたが今作では……まぁ、そう言うことです。

 久しぶりに少し長い記事になってしまいましたが、システムに関して現状お伝えできるのはこんな感じです。
 絵師さんやドッターさん、その他たくさんの方々のご協力を頂き、グラフィック、システムともに追懐のリバイバル以上を目指して制作頑張っています。
 まだまだ完成は先の事になるかと思いますが、温かい目で完成まで見守って頂ければ幸いです。
2014年10月31日(金)  No.73

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++TOP++
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 3.01